FC2ブログ
えろいこと書いてあるブログです。
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
00:00:00
当記事は全6編からなる「立体音響いちゃらぶボイス(姉友ver)」の一部台本データとなります。
内容は作品の「01.こんばんはお姉さん」部分の台本です。

更に詳しい作品詳細は下記リンクから各ダウンロード販売サイトをご覧下さい。
本編には、台本データの完全版が同梱してあります。

DLsite   DMM



夜分遅くにすいません……って、あ、えっと……

いえ、怪しい者ではなくて、その……

あーのすいません、突然で失礼なんですけど、もしかして……弟君?

わー、え、そうなんだ! えぇ、うわ、へぇー!

あ、ああ、いや、ごめんなさい。ねえ、お姉さんのこと、見覚えない?

うわ、あっは、すぐ答えてくれるんだ、嬉しいなぁー! 

うん! そうそう、あなたのお姉ちゃんの、お友達です!

ほんっと、久しぶりー! 大きくなったね-!

あー、いや、土曜の夜遅くに本当ごめんね。

その、お姉ちゃん呼んできてくんない?

え!? いないの?! あれ、えぇー? そうなんだ……参ったな……

そのー、野暮用で終電逃しちゃってね、あはは……。

キミのお姉ちゃんに電話したらウチに泊っていいって言うから、
お邪魔したんだけど……

まさか居ないとは思わなかったなぁ……うーん……

本当に? いやー、でもいくらいいよ、って言ってくれても、
あの子が居ないのにお泊まりは出来ないよ……申し訳ないって

ん、まあ、それは……行く宛も手持ちも無いし……どこかネカフェとか……

や、や、そう言ってくれるのはほんっとに有り難いけど、
だってご両親とか居るでしょ? お邪魔になるし……

……いないの? あぁー、親御さんってお仕事かなり忙しいんだっけ……

え、じゃあ、今日も明日も弟君、家にひとり? 

へー、そーなんだー。……そーなんだぁ……

ね。ほんとに、迷惑になったりしない? ほんとに? 

んじゃあ、えっと、悪いけど……一晩泊めてもらって、いい?

ありがとー! やった、おとーとくん、ぎゅーっ!

んっふふふ……恥ずかしがっちゃって……

昔はよくこーやってしてたのに……かーいいなぁ……

はーいはい、離れる離れますー。

もう、久しぶりのハグなのに、照れちゃってー


ね、ね、おとーとくんの部屋って、行ってもいい? こっちだっけ?

そんなに慌てなくてもいーじゃん。えー、ダメなの? 

怪しい……なーんか、えっちぃ本とか置いてあったりしてー

あっはは、それは冗談だけどね。けど、どうしてもダメ? 

久しぶりに、入ってみたいんだけどなぁ……

ダメなんだー……。そっかー……ふーっ

おねーさんの言うこと、聞いてほしいなぁー♪

なーんて、ね。んっふふふ、耳まで真っ赤だよ? 

おとーとくんがヤなら、無理に入ったりしないって

あれぇ、いいんだ。どうしたの、急に? 

さっきまであんなにダメだったのに。んふふふふ、ありがとー♪

ここだっけ? じゃあ、失礼しまーす。

へぇー、今はこんな風なんだー。

別に、恥ずかしいものとか置いてないみたいだけど……

部屋を見られる自体が恥ずかしいの?

 気持ちは、わかんないでもないけど……。んふふ、かーいいなぁー

あ、ごめん、ベッドに座っていい? ありがと♪

だって、可愛いよー。

あたしとかなり離れて……だよね、相当年下だよね……

かっこいいって、言われたい? 言われて言うのはダメなの?

ふふふふ、男心ってやつ? ふふふふっ。

そういえばあの子も、忙しくてほとんど家にいないでしょ? 

まさか今日もとは思わなかったけど

その年でほぼ一人暮らしってすごいねー。しっかり者なんだー。

かーっこいい! あ、照れてる! うっふふ……

……ん? ……どうか……した? 

だって、うつむいちゃって、こっち見ないから

あは、露出多いかな。今日あっつかったからねー。

ついつい薄着になっちゃって……。もしかして……刺激、強かった?

……こっち、見て? ねえ……。見て、いーから……ほーら♪

照れ屋さんだよねー。ほんとに、変わってないんだ。んふふ……

おーいで? あれ、遠慮してるの? ……そんなに首横に振んなくてもさ。

昔はよくぎゅーってさせてくれたのに。

昔だって今だって、おとーとくんはおとーとくんだよ。ねえ、ほら、おいで?

おいでおいでー。んふふふふ、よしよし、よく来たよく来た♪

よーしよしよし、なでなでの刑だー。よしよしー。じたばたしないの、もう。

……ん? んふふふふ……やー、はは……くふふふふ……

いやー、ごめんごめん笑っちゃって。……だって。……ね、おとーとくん? 

立ったまま、あたしの正面にいるとさ……

おっぱいの谷間、よく見える?

あこら、逃げないの、ほら捕まえた。よいしょっ。ぎゅーっ!

あばれないあばれない。どうどう。んふふふふ。

くふふ、だって、ずーっと見てるんだもん。なんか、面白くなっちゃって。んっふふふふ。

あたしのおっぱい、大きいでしょ。おっきい方が好き?

ほら、ぎゅーってしてると、おとーとくんの胸であたしのおっぱい、潰れてるよ? 

ぎゅーっ。

あー、かわいい耳。ほーら、ふーっ。うふ、びくってした。ふーっ。んふふふふふ……

……ねえ。やっぱり、ひとりだと溜まったりするんじゃない? 

……してくれる人もいないし。

ひとりでやっても、なかなか気持ち良くなかったりするんだよねぇ……ふーっ。

もう、びくびくしないの。ふーっ

だからさ……おねーさん……したげよっか? え、なにをって? 

もう、とぼけちゃって♪ だからぁ……。

み・み・か・き♪

あっはははは、すごい心臓どきどきしてる! 

伝わってくるもん! ほらほら、ぎゅーっ!

あれぇー? 何と勘違いしたのかなー? んっふふふふ! あははははっ。

ごめんごめん、拗ねないの! 耳かきしたげるのはほんとだから!

だって、さっき耳をふーってしたとき、すっごいいっぱい溜まってたから。

綺麗にしてあげたくなっちゃって。

得意なんだよ-? お姉ちゃんにだってしてあげてるし。

あの子、たまに耳かきしてもらいに会いに来るんだから

おとーとくんも、耳かきのとりこにしてあげる。んっふふふー。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


Category:台本データコメント:0│ トラックバック :--
00:00:00
当記事は全5編からなる「新婚ほやほやの女騎士さんといちゃいちゃらぶらぶする話」の一部台本データとなります。
内容は作品の「1.オープニング」部分の台本です。

更に詳しい作品詳細は下記リンクからダウンロードサイトをご覧下さい。
本編には、台本データの完全版が同梱してあります。


DLsite   DMM






……只今戻りましたー。……おーい、誰かいないかー? ただいまー。

あぁ、お前か。ただいまっ。と、いうか……、久しぶり。今、帰った。うん。

ふふっ、出迎えに来てくれたのは嬉しいが、そんな、走って来なくてもいいだろう。

戻った、と言っているのだから、私はどこにも行かない。

ん? 荷物? 荷物がどうした。……あ、持ってくれるのか? 大丈夫だ、これくらい持てる。

いや、遠慮してる訳じゃ……持てると言っているだろう。

あ、うん、これは皆へのお土産と、……こっ、これは私物だからいい。

……悪いな、すまん。ありがとう。正直助かる。

今回の遠征も長旅だったからな、実はもうヘトヘトなんだ。

……どうした? 両腕を広げて。……ハグ?

ばっ、ばかめ! 帰ってくるなりすぐそれか! 

私をいつでもどこでもそういうことをするような、浅ましい女と思うなよ!

いいか、お前の妻は、王国の随一たる、聖騎士なんだからな! 

お前も夫として、清く正しい素行と態度を……。

……なんだ。なーんだ。そのままのポーズでいたって、私は抱きついたりせんからな。

……あ、あなたなどとも言わん! ……なぁ。メイドさん達に見られたら、恥ずかしいだろ……。

何が大丈夫なんだ……。くぅ……、こんの……。

……んもう、わかった、ちょっとだけな? ……ぁ、いや。やっぱりやめだ。

うん。ざ、残念そうな顔をするな。

あー、その、だな。こ、今回の遠征は長かったと言ったろう!

だからつまり、その、久しく水浴びなんか出来てないから……だな、えっと、汗とか、が……。

ええい! 恥ずかしいことを言わすな! ほらもう、どいてくれ!

わっ、やめろ! 抱きつくな! こら! ……んんっ、こんな時だけ無駄な力を……!

にっ、匂いを嗅ぐな! やーめーろ! んっ、このぉ、んむぅっ!

ん、んふー、んふ、ふー、ふー、んふ、ん、ん……

んちゅ、ちゅちゅ、んふ、ちゅぅ……。ちゅぷ、ちゅ……。

むちゅ、ちゅ、ちゅう……。ちゅはっ、んる、るろぉ……。

ぷぁ。こ、この、不埒者め……。い、嫌じゃ、ないが……んむっ。

んむっ、ん、んぅ……。ちゅく、ぷちゅ……。ちゅ……。

ちゅる、んちゅ、ちゅりゅ、んろ……。んぁ、あむ、むぅ……。

むちゅ、んちゅ、ちゅ、ちゅちゅ……。ちゅぢゅ、えろ、れるぅ……。

っぷぁ。……ぅ、ぁ……。やっぱり、キス、上手い……。

私は、なんかその、お前のそういうやらしいので、大人しくさせられてしまうのが、
ちょっと、自分に腹が立つ……。

……満足、か? た、足りない?! あ、う、うぅ……も、もうおしまいだ!

さぁ、とりあえず部屋に戻って着替えを……

ふぁ、あ、あっ! め、メイドさん! あの、いえ、違うんです、これは! 

こいつがその、言うから、仕方なく!

あっ、いや待て、仕方なくしたんじゃないぞ? 

私もしたかったからしたんだし、あああ、いや、だから、あの……

わ、笑わないで下さい! ……うぅ……。い、今、戻りました……。

これ、お土産ですから、屋敷の皆で食べて下さい……。

ええ、ありがとうございます。荷物も……はい、私達の部屋へお願いします……。

いっ、今のは内密にして下さいねっ! くれぐれも!

……行ったか……。ああああ、もう、馬鹿! 

おっ、お前がこんなところで求めるから、こんなことにぃ……っ!

全然大丈夫じゃなかっただろ! すごく微笑ましいみたいな顔をされたぞ! 馬鹿者!

ええい……。ま、まぁ、いい……。終わったことだ……。

とりあえず、着替えをしてくるから……なに? どうしてだ。

先に食堂なんか行ったら、お腹が減るだろう。それより先に着替えを……わ、こら、引っ張るな!

なっ、なんだ、どうした! この、豪勢な食卓は! うわー、すごいな。こんな大きいケーキまで! 

……えっ、これ、私一人で食べていいのか! ほんとか!? ふわー……。メイドさん、よくこんなに……

お、お前が作ったのか? この料理達を!? 一人でか!? 凄いな、よく頑張ったな……。

……む? 今日? 何かあるのか? 

特に何かの記念日という訳でも、ないだろうに……あ、いや悪い。待て、思い出す。

えー、今日は遠征から帰ってくる日だから、えっと……何だっけ……。

あぁ! ぁ、わ、私の誕生日、か……。そうか……。

最近忙しかったから、すっかり忘れていた……。

それで今日はやたら、兵たちが労ってくれてたのか……。合点がいった。

ぁ、いや……その、なんだ、あ、りがとう……、ございます……。

こんなに立派に祝ってもらったのは、子供の時以来だ……。

……ぅ、ぐすっ、ん、すまん。ちょっと、胸にきた……。いや、大丈夫……。

あ、あっ! この、こんなにケーキにろうそくを立てて……! 

しかもこれ、1本多いんじゃないか?! いち、にー……いや、多いぞ確かに! ちゃんと数えろ!

せ、せっかく感動していたのに……! なんて奴だ!

だ、大体、ケーキにろうそくというのは、子供にするものだろう!

こんな、こんなハリネズミとは言わないまでも、たくさんたくさんぷすぷすと……。

それに、テーブルいっぱい料理を用意して! 太ったりでもしたらどうする!

私は一応、王国の象徴なんだからな! 

それをお前、皆の前で演説でもする時に、まんまるいぷよぷよなのが出て行ってみろ!

しかも肥えた理由が夫の手作り料理の食べ過ぎだぞ! 

訓練してるから無いと思いたいが、そんなの情けないだろ!

……あ、いや。待て待て。か、片付ける事は無いだろう。

そ、それとこれとは話が別だ。食べるぞ、食べる。うん。

それはもう、謹んで頂くとしよう。なんと言っても、お前が作った料理なんだからな。

お腹も減っているし。

……な、なんだ! にやにやして! やめ、その目をやめろ! そんな目で見るな! っ、くぅ……。

お前、わ、わかっててやってるんだろう! 私が、その、喋るのとか、不器用なのを知ってて……。

こ、これでも、最大限に感謝、してる、んだ! つ、伝わってるかどうかわからんが……。

……伝わってる? ほんとにか? ……そ、そうか、ならいいんだ。うん。ありがとうな。

さ、さぁ、じゃあ、もう食べてしまおう! 冷めてしまうのがもったいない!

さっさと着替えてしまうから、準備をして待っててくれ! すぐ戻る!




Category:台本データコメント:0│ トラックバック :--
00:00:00
当記事は全4編からなる「添い寝してくれるお姉ちゃんが先に寝ちゃうおやすみボイス」の一部台本データとなります。
内容は各作品の導入部部分の台本です。

更に詳しい作品詳細は下記リンクからダウンロードサイトをご覧下さい。
本編には、台本データの完全版が同梱してあります。


DLsite   DMM




【おっとりお姉ちゃん】

SE:ドアの開く音


ん、誰ぇ……?

ふぁ、は、ぁ……。あぁ……、なんだ、キミかぁ……。

んふふ……まぁまぁ、とりあえずこっちおいでー。ねぇねと、一緒のおふとん、入ろ?

はーいようこそー。いらっしゃーい……。うふふふ……。それで、なぁに? どうかしたの?

……うん、うん……。そぉか、お化けが夢に出てきちゃったのかー。

怖かったねー、よく頑張ったねー。負けなかった? そっか。えらいえらい。

じゃあ、頑張ったご褒美に、今日はねぇねと一緒に寝よっか。

いいよぉー、うん、ぜーんぜん大丈夫。ほらほら、もっとくっついて。

ぎゅーって。うふふ、ぽかぽかしてる。二人でぎゅーすると、とってもあったかいね。

もう怖くないよー……ねぇねが一緒だよー……守ってあげるからねー……。

よーしよし、お背中ぽんぽんしてあげる。ぽーんぽん。ぽんぽん。

ねーむくなぁれ、ねーむくなぁれ……。いっぱい素敵な夢が見られますように……。

いいこいいこ……。ふぁあぁ……。

あ、そーだ、深呼吸すると、すぐに寝れちゃうらしいよ? こないだ、何だったかな……。

なにかで見たんだー。ね、やってみよっか。せーの。

っは。ん、くぁ、ふぁぁ……んぅ? ぁ、あはは……ごめんごめん、ねぇねが先に寝ちゃったらだめよね。うん。

深呼吸、ちゃんとできた? そっか。うん、よくできましたー。ぇへへへ……。

んー……まだ眠くならない? じゃあ、うーん、よーし、羊さん数えてあげよっか。

そしたら、まっしろもこもこの羊さんに囲まれた、素敵な夢が見られるよー?

うん、じゃあいくねー。ちゃんと目ぇ、つむってー?

ひつじがいっぴきー……ひつじがにひきー……ひつじがさんびきー……ひつじがよんひきー……

………

……




【勝ち気なお姉ちゃん】


SE:ドアの開く音

……んん、誰……?

ふぁ、ぁは、はぁ……ん、あんたか……なに、こんな時間に……

ねーちゃんと寝る? なんで。暑いじゃん。やだよ……あんた寝相悪いし。……どうかした? なんかあった?

……もー、だからあれだけ夜怖い映画見るなって言ったのに……。ばぁーか。

お化けなんかに負けるなよー。一人で寝れるだろぉー?

寝れないんだ? 怖いんだろー。よわむしー……。びびりんぼー……。

……ああ、ちょっ、な、泣くなって。ごめんごめん。ほんとに怖かったんだな、うん。よしよし。

あー、もぉー……。しゃーないなぁ……。入るんなら、早くしろって。ほら。ん、おいで。

わ、こら、そんなに強く抱きつくなよ。ぐぇ、ちょっと、ねーちゃん苦しいから。

ん、もう……。そんなんじゃ強い子になれないぞー……? お化けくらい、ばーんとやっつけなきゃ……。

よしよし……。怖かったなー、もう安心だからなー……。

ねーちゃんがお化けなんかやっつけちゃうからなー……。

よーしよし……よーしよし……おやすみなー……大丈夫だぞー、だーいじょうぶ……。

おやすみ、おやすみー……。

んぅ……ふふっ……。あんた、あったかいな……。ねーちゃんも、ちょっと落ち着く……。ふふふ……。

んー、まだ眠くないかー? うーん、そうかー……。

そういえば、深呼吸すると寝れるとかって聞いたことあるなぁ……。

一緒に、やってみよっか。いいか? せーの。

……すぅ……すぅ……。っは。ぅぁ、ぁ、んぁ……。ね、てないぞ。ねてない。大丈夫……。ふぁあ……。

まだ起きてる……? うーん……じゃあ、羊数えよう、羊。うん、あのめーって鳴く白い奴だ。

ねーちゃんが数えててあげるから、それでおやすみしよう。な?

ちゃんと目を閉じて、聞いてるんだぞー? いいなー?

ひつじがいっぴきー……ひつじがにひきー……ひつじがさんびきー……ひつじがよんひきー……

………

……




【しっかりお姉ちゃん】


SE:ドアの開く音

……ん、んん……? 誰……?

ふぁあ、はぁ……。んぁ、アンタか……。まだ起きてたの……?

だめじゃない……。早く寝ないと、お化けが来るわよ……? もー……

わ、わっ。何よ、急に抱きついてきて。びっくりしたぁ。何、どうしたの?

ほんとにお化けが来たの? もー、泣かないの。よしよし。大丈夫大丈夫。

あー、そういえばさっき、映画見てたわね……。あれ、怖い奴だったの? 

もー、お化け嫌いなのに無理するからー。

ほら、ちーんしなさい。ちーん。……ん、いいわね。

そりゃ、夢だってば。寝ぼけて、ほんとに出たと思ったんでしょ。

そう、夢ゆめ。うん、お化けなんていないってば。ほんとに。

来たって、お姉ちゃんがパンチして倒しちゃうから。

んー……じゃあ、今日はお姉ちゃんと一緒に寝る? っていうか、どうせ、怖くて一人じゃ寝らんないでしょ。

もぉー、ほんとにこの子は……。おトイレ大丈夫? ほんとにー?

しょうがないんだから……。はい、隣来なさい。ん……。

甘えんぼさんめ……。まったく……。ふふっ……。

ちゃっちゃと寝るわよ。もう夜遅いんだから。

はい、深呼吸ー。いいからするの。こうするとリラックスして、あっという間に寝れちゃうんだから。

ちゃんと肩の力抜くのよ? もう怖くないから。ね?

それで、手も足も全部だらーんってして……。そうそう、だらーんって。

お姉ちゃんと一緒にやってみよっか。いい? せーの。

っは。ふぁ、は……ん? いや、ね、寝てないわよ、もちろん? 

ちゃんとアンタが寝たかどうか、寝たふりして、確かめてみただけ、よ。うん。

で、眠くなんないわけ? もぅ……早くおやすみしないと、明日起きられないでしょー?

じゃあ、羊さん数えてあげる。こうすればアンタでも寝れるでしょ。

そうそう、羊さんがぴょーんと柵を飛び越えるところを考えながら眠るの。

いい? じゃ、目ぇつむってー?

ひつじがいっぴきー……ひつじがにひきー……ひつじがさんびきー……ひつじがよんひきー……

………

……




【クールなお姉さん】


SE:ドアの開く音

・・・んん・・・誰だ・・・?

待って・・・眼鏡、掛ける・・・。ん、ん・・・ふぁ・・・

や、お待たせ。って、君か・・・。どうしたの、こんな夜遅くに・・・

映画? ああ、あのホラーの。そういえばさっき、一人で見てたっけ。

それがどうか・・・あぁ。つまり、怖くて眠れないんだ。どう?

・・・違うの? 夢に出てきた? 寝れるには寝れたんだ。そっか。頑張ったんだね。

それで、飛び起きてお姉さんのお部屋に来た訳だ。そっか。

うん、とっても可愛くて、いいんじゃないかな。そういうの。

それでもしかすると、一人じゃ怖くて、寝られないんじゃないのかな? 

よろしい。じゃあ、お姉さんのベッドへ来なさい。うん、遠慮なく。

眼鏡はもういらないな・・・。

はい、捕まえたー。うん、捕まっちゃったな。もう今日は離さないぞー。

ん? 苦しくない苦しくない。気のせい気のせい。ぎゅー。

可愛いなぁ・・・。なんて可愛い・・・。

よしよし・・・君は今から生きた抱き枕だ・・・今夜は本当に離さないからな・・・。

ん、このままじゃ寝れないのか? お姉さんは寝られるから、これでいいんだよ・・・。

うふふふ、じょーだんだよ、冗談。半分な。

そうだな・・・、じゃあ、深呼吸しよう。リラックスの第一歩だ。うん。

深く息を吸い込んでぇ・・・吐く・・・。

さあ、お姉さんと一緒にやってみよう。

っは。んん、ふぁ・・・ごめんごめん。君があんまりに抱き心地がいいから、おねーさんが先に寝てしまった。

深呼吸、ちゃんとした? そうか。じゃあ、おねーさんのいい匂いを胸いっぱい吸い込んだ訳だ。

ふふん、とっても落ち着いた気持ちになるだろう?

うふふふ・・・あは、ありがと、ドキドキしてくれるのか。それは嬉しい誤算だな。ぎゅーっ!

って、これじゃ寝られないんだっけ。ごめんな、忘れてたよ。

んー、そうすると・・・羊だな。よし、おねーさんが羊を数えるから、それでぐっすり寝るといい。

すぐにおやすみできるぞ。

じゃあ、いいかな? 羊が来るぞー?

ひつじがいっぴきー……ひつじがにひきー……ひつじがさんびきー……ひつじがよんひきー……


………

……


Category:台本データコメント:0│ トラックバック :--
00:00:00
当記事は全7編からなる「くすぐりぼいす~従姉妹のお姉さんをこちょこちょ~」の一部台本データとなります。
内容は作品の導入部である『1・オープニング』の台本です。

更に詳しい作品詳細は下記リンクからダウンロードサイトをご覧下さい。
本編には、台本データの完全版が同梱してあります。

DLsite     DMM



ただいまー。うん、お邪魔されまーす。ふふっ。はーい、上がって上がって。

あー、脱いだ靴は揃えなさいって! 大昔にも言わなかった? 悪い癖よ。ちゃんと直しなさい。

ほらもー。よい、しょ。よし。

部屋……あんまり綺麗じゃなくてごめんなさい。でも、適当にくつろいでいいからね。

……どうしたの? 何か、おかしいかしら? ……もー、きょろきょろしてないで、座ってってば。

いとこ同士でしょ、そんなに緊張しないの。ほらほら、リラックスリラックス! 

私も座るから、ね? んしょ、っと……。

いやー、それにしても久しぶりよねー。親戚の皆で集まったのが……

いつだったかしら。まさかあんな所で会うなんて。

今日はどうしたの? こっちに用事でもあった? ……あ、そーなんだ! 

一人暮らしする、ってのはおばさんから聞いてたけど、この辺に越して来てたのね。

じゃあ、お家は近くに? へー、もうほとんど隣じゃない! 

そっかー、うふふ、これはいい男手が出来たわね。

何か重いものを運ぶ時とかー、大きいお買物の時とか! 

スーパーの特売の時なんかにはお世話になろっかなー。あははは。

その代わり、あなたもお姉ちゃんを頼ってくれていいんだからね? 

彼女さんの手料理に飽きたら、私が行って作ったげるから。

なーんて、それは冗談だけどね。でも、ほんとに何かあったら……あら? どうかした?

あ、あら。そうなの。……もう、何しょげてるの! いないんなら作ればいいじゃない。

まだ私より全然若いんだから、頑張れば彼女だって絶対出来るわよ。元気出して!

……へ、私? な、なんで私に振るの? い、いないわよ、そんな。彼氏なんて……。

や、やだ……。 美人だなんて、年上をからかわないの。も、もう! 

お世辞ばっかり上手になっちゃって。

モテないわよ。学生時代、何度かラブレターを貰ったことがあるくらいのもので。

ほんとに、彼氏なんて出来たこと無いのよ?

……やっぱり、この体形のせいなのかしら……。 ……どう? あなたから見て私、太ってみえる?

って、この聞き方だと気を使ってくれちゃうわよね。ごめんね。 でも、正直に答えて? ……私、どう?

ど、どこが痩せてるのよー! 最近体重、右肩上がりなんだから! 

……んもう、正直に、って言ったのに。

本気なの? あ、あら、そう? 嘘をついてる風には見えないけど……。

あ、ありがとうね、なんだか悪いわ……。

でも最近本当に、ちょっとだけ、ぷにってきたかなー……って思うのよね。

やっぱり自分でそう思うんだから、他の人から見るとおでぶちゃんに見えないかしら。

私基準だとほんのちょっと、太ってる訳だし。あなたが特別、太っちょさんが好き、っていう可能性も……

無い訳じゃ、ないじゃない?

……あ、そうだ! あなたになら頼めるかな。 ……ねえ、ちょっとお願いがあるんだけど、いい?

……あ、あー。えっとね、えっと……。わ、私を、くすぐってくれない?

……あっ、あっ、あの、ね! 驚かないで! その、えっと、は、話が飛んだわね、ごめんなさい。

こないだ、こないだね、テレビでやってたんだけど、最近できたやり方で、「大笑いダイエット」ってのがあるらしいの。

笑うって事は、実はすごい体力を使うんだって。

確かに爆笑した時って、腹筋が痛くなったりするし、体も熱くなるじゃない?

だからそれを利用して脂肪とかを燃焼させて、痩せるんだって。

それに、笑うって凄い健康にも良いみたいだし。

……という訳で、ちょっと前にそのダイエットの機械を買ってみたの。太い、チャンピオンベルト? 

っていうの? みたいなものをお腹と脇の下に巻いて、それにくすぐってもらうんだけど……。

その、思ったより、くすぐったくって。……えっと、どれくらいって言われると……思わず悲鳴を上げちゃうくらい。

だって、ベルトの内側の柔らかい毛がわさわさー、って滅茶苦茶に動いたのよ。

……そうそう、筆でこちょこちょされるのが、凄くなった感じ。もう、苦しくなるくらい大笑いしちゃって。

それ以来、使ってなかったんだけど……。やっぱり、笑って痩せられるならそっちの方がいいじゃない? 

楽しそうだし、健康的だし。

でも、またいきなり機械をつけるのはハードルが高いから、その、手でくすぐってもらって、
徐々に馴らしていこうかなーって思って。

あなたなら体に触わられても大丈夫だし、変なことしないって信じてるから……。

ね、協力してもらえない?

ほんとに!? やった、ありがとう! よーし、これで痩せてみせるんだから!

あ、じゃあ、早速今からいいかしら!? 時間? そんなにお手間は取らせません! 

一日10分、ベルトを巻いてくすぐられるだけのお手軽ダイエットなの。

……って、あ、ごめんなさい。私ったらお構いもせずに。すぐに飲み物とお茶菓子、持ってくるわね。

コーヒーと紅茶、どっちがいい? 紅茶? わかったわ。

今日はねー、とっておきのレアチーズケーキがあるの。丁度二つあるから、一緒に食べましょうか。

……え? なんで二つあるのかって? それは、その……。わ、私が二つ、食べるから……。

な、なんで溜息つくの!? いいじゃない! だって……だってケーキ美味しいんだもの! 

それに、ま、毎日食べてるわけじゃないのよ? 今日は、たまたまなの。

もしかして……これが、太る原因なのかしら……。でも、だめよ。だめ。ケーキだけはやめられないわ。

だから、食べた以上に笑えばいいのよ! ね! ダイエットの練習とはいえ、手を抜いちゃダメだからね。一杯笑わせてよ!

とりあえず、紅茶淹れて来ちゃうわね。そのあと着替えてくるから、ちょっとだけ待ってて。

……おまたせー。準備完了っ。……ん? そうよ。どう? 完全にエクササイズスタイルでしょう? 

それに、スポーツドリンクも持ってきたし。

やっぱり汗をかくわけだし、薄着のがいいかなって。

それにベルトは肌に直接巻くものだし、トレーニングでも実際に近い方がいいと思うしね。

はい、じゃあこれから10分間、よろしくお願いします。

あ、その、一応、言っとくけど……。やらしいことは、しちゃだめだからね? 

どさくさに紛れてその……胸とか、さわるっていうか、そういうの……だめだから。

あなたならそんなことしないと思うけど、一応、一応ね。うん。

っていうか、こんな体触っても、ぷよぷよしてるだけだしね、あははは。

それじゃあ、えっと……どうしてもらうのがいいかしら……。

Category:台本データコメント:0│ トラックバック :--
00:00:00
当記事は全5編からなる「くすぐりぼいす~不良っ娘をこちょこちょ~」の一部台本データとなります。
内容は『1・オープニング』の台本用データとなります。


更に詳しい作品詳細は下記リンクからダウンロードサイトをご覧下さい。
本編には、台本データの完全版が同梱してあります。

DLsite   DMM



(SE:セミの鳴き声)

(SE:近づいてくる足音)

……お、来たか。悪いな、こんな所まで呼び出しちまって。へっへ、校舎裏ぁ初めてか?

んだよ、そんなビビんなって。別にカツアゲとか、そういうんじゃねえからよ。

今日はさ、頼みっつーか、ほとんどお願いだな。それがあって呼んだんだ。

……あー、のさ。こないだの日曜、何があったかお前、覚えてるか? 

……何もって、俺とじゃねえよ。なんかイベントあったろ!

……ほら。……そのー……ああ、じれったいな! いい汗流したろ! その、町内会の! ボランティア!

ようやく思い出したか。やっぱ、回りくどいのはダメだな。逆に恥ずかしくなる。

何不思議そうにしてんだよ。まぁ聞け。んで、その、そん時、超怪しい奴いたろ。

……そうそう、帽子を深く被った、グラサンかけたマスクの奴。……それな、えと……俺。

ばっか、声がでけえよ! 驚きすぎだって! ま、まあ、意外なのは分かるけどさ。

んでお前、あん時写真撮ってたろ。あれって確か、学校新聞に載せんだよな? 

……俺、写ってる? ……だよなー、やっぱりかー……。

いや、その、さ。変装は完璧だったんだけど、ズボンのポケットから携帯のストラップ出してたんだよ。

そうそう、でっかいうさぎさんの。

あっれがさー、俺様手作りの、世界に一つしかないもんなんだよ。

だから、分かる奴が写真見ると俺だって一発でバレるんだ。

……そりゃマズいだろ! お前、不良が変装してまでボランティアしてたなんて周りに知られてみろ! 

ナメられるどころの話じゃねーって!

……あ゛? んだ、不良がゴミ拾いしちゃいけねってのか? お? 

いいだろ、別に。町が綺麗になるのって、なんか、いいじゃんかよ。 終わったらジュース貰えるし。

キャラじゃねーのは分かってるけど、好きなんだからしょうがねーだろ。……あぁ、クソ。

……つか、違う違う! そうじゃなくて! だからさ、ごめん、あの日の写真消してくんねーか?!

いや、全部じゃなくて、俺の写ってるとこだけでいい、頼む!

……は? 殴ったりなんかするかよ。お望みなら殴ったっていいけど、
そしたらお前、データ消してくれんの? ……だろ?

なら、お願いの方がまだ誠実じゃねーか。……ダメか? ……はぁ!? 

なんでほとんどの写真に私が写ってるんだよ!

……珍しかったから撮ってた、って……まあ、不審者のお手本みたいな格好だったけどさぁ……。

かー、そうかー。参ったなー……。んー、じゃあさ、100円で1枚消す……ってのは? ちょっとズルい?

つか何枚撮った? ……50枚!? ……厳しー……。金ねーんだよなー……。

あー……じゃあさ、お前の言うこと、なんか1つ聞いてやるよ。それで勘弁してくれ!

……お? マジ? やった! さんきゅ! あ、ああ。言っとくけど、まさか俺様相手に、
エロい事なんか考えてねーよな?

金もねーっつったよな? ん、分かればいいんだ。んで、何して欲しい? 肩たたきでもしてやろうか?

……は? くすぐり? あの、こちょこちょーってする奴か? 

え、何、やだ。うっわー……マジで? うっわー……

だって、私の体に、その、触れるってことだろ? なーいない。パスパス。はい次。

……あ゛? 今のは挑発か、ん? 安っすいなおい。

まさか俺が、お前ごときのくすぐりに耐えられないとでも? 

はっ、ありえねーな。ガキじゃねーんだから。笑うどころか泣いてやるよ。お断りだけど。

だーかーら、くすぐり以外だって、しつこいな! 笑いませんー! 

お前みたいな弱そうなのにくすぐられて、誰が笑うか。

あ? なんだ、やんのか? おぉ? ……あぁー! 

もう、そこまで言うんならくすぐられてやろうじゃねえか! ふん! ぜってー笑わねーからな。

……んで、カメラのデータはいつ消すんだよ。くすぐった後? 

先に消せよ。逃げたりしねーから、先に消せ。

……ああー、ん、そうか? ……まあ、逃げねーんなら、後で消しても変わんねーけど……。

まあいいや、じゃあちゃんと、俺の見てる前で消せよ。

あー、もうめんどくせー。さっさと終わらせるぞ。そこの体育倉庫の中でいいだろ。

誰もこねーだろうし。 あ? テスト期間中は部活ねーだろばーか。

カギ? ああ、南京錠のこと? あそこの数字合わせなら頭ん中だ。

たまにあそこでサボるからな。ほらいくぞ。

(SE:ドア開く音)

くぁ、あっちーな流石に。蒸し風呂かよ……。こんなとこずっと居たくねーな、10分が限界ってとこか。

な、10分経ったら出るからな。……だーめだ暑すぎる、窓開けるぞー。声が漏れる? 

笑わねーっつってんだろ。声なんか上げねーよ。

(SE:窓を開ける音)

おー、いい風。涼しーい。ちょっとだけ癒されるー。

適当に座ろうぜ。立ちっぱなしとか疲れるだろ。えっと……マット敷け、マット。

あ? あるだろ、そこに。その白いの。

よい、しょっ。おおー、やっぱぼふぼふしてるなー、っはは。よし、んじゃとっとと済ませちまおうぜ。

で、どうするんだよ変態。

Category:台本データコメント:0│ トラックバック :--
カウンター
プロフィール

一永ひとり

Author:一永ひとり
しがない物書きです。

同人サークル「享楽無軌道笑い翡翠」にて、やりたいことをやってます。

えろいこと……すき。

※当ブログはリンクフリーです。

連絡先:hitoribotticrew☆gmail.com
☆=あっとまーくに変えて下さいな

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。